マネーの猫☆FXで毎日チャリンチャリン♪

裁量取引、自動売買、すべて含めて月80~100万円目指して頑張っています。

★【番外編】「ドル円は10月末に買っておけば儲かる」アノマリーは本当か!?★徹底検証してみました★

皆さん、こんばんは♪
日本テクニカルアナリスト協会 
認定テクニカルアナリスト®のネコピカです。
さて、ドル円相場のアノマリー(経験的な規則性のある事象)に
10月末に買って4月末に売れば、利益が出る」というものがあります。
このアノマリーは、果たして本当なのか!?
今回は【番外編】として、
このアノマリーについて検証してみたいと思います。

それでは早速、2000年以降の
10月末と翌年4月末のレートを比較していきたいと思います。

☆2000年10月末 108.96円
☆2001年4月末 123.63円
→ドル円は+14.67円 アノマリー〇

☆2001年10月末 122.52円
☆2002年4月末 128.54円
→ドル円は+6.02円 アノマリー〇

☆2002年10月末 122.57円
☆2003年4月末 119.04円
→ドル円は-3.53円 アノマリー×

☆2003年10月末 109.90円
☆2004年4月末 110.49円
→ドル円は+0.59円 アノマリー〇

☆2004年10月末 106.25円
☆2005年4月末 104.76円
→ドル円は-1.49円 アノマリー×

☆2005年10月末 116.54円
☆2006年4月末 113.83円
→ドル円は-2.71円 アノマリー×

☆2006年10月末 116.97円
☆2007年4月末 119.52円
→ドル円は+2.55円 アノマリー〇

☆2007年10月末 115.22円
☆2008年4月末 103.92円
→ドル円は-11.3円 アノマリー×

☆2008年10月末 98.50円
☆2009年4月末 98.64円
→ドル円は+0.14円 アノマリー〇

☆2009年10月末 90.01円
☆2010年4月末 93.94円
→ドル円は+3.93円 アノマリー〇

☆2010年10月末 80.47円
☆2011年4月末 81.11円
→ドル円は+0.64円 アノマリー〇

☆2011年10月末 78.16円
☆2012年4月末 79.80円
→ドル円は+1.64円 アノマリー〇

☆2012年10月末 79.74円
☆2013年4月末 97.39円
→ドル円は+17.65円 アノマリー〇

☆2013年10月末 98.35円
☆2014年4月末 102.20円
→ドル円は+3.85円 アノマリー〇

☆2014年10月末 112.33円
☆2015年4月末 119.36円
→ドル円は+7.03円 アノマリー〇

以上、2000年~2015年の過去15年間
ドル円の「10月末買いの4月末売り」
利益が出たのは11回、逆にマイナスだったのは4回という結果でした。

ただし、2008年10月以降に限って言えば
7回連続で利益が出ていますので
現時点では、ある程度信頼できるアノマリーということになるでしょうか。
ちなみに、先月末のドル円のレートは120.62円でしたので
このレートを来年の4月末に上回っていれば
ドル円の「10月末買いの4月末売り」アノマリーは
8回連続で有効だった、ということになります。

★今夜これから22:30~
一大イベント、米雇用統計が予定されています。

※ところで、本日の私のトレードですが。 
ドル円の上昇を獲りました。    
午後1時過ぎ、私が設定しているチャートでは 
ドル円5分足に、ロングの条件が揃いました。
1106i123_20151106141957fc3.jpg                       
そこで、ロングで3回エントリー。それぞれ5分足を見て決済しています。
1106i1234.jpg
※本日の利益=+19,040円 

※私のトレード手法の詳細については
以下で紹介している特別レポートをご覧いただければ、幸いです。 
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆タイアップ特別企画◆ 

★このたび、私が日頃から実践している
スキャル&デイトレの手法について徹底解説したレポート
当ブログの読者の皆様限定で、プレゼントさせていただくことになりました。
今後、無料有料問わず、配布することは二度とありません。
また、今回レポートの内容をリニューアル
今までの内容に加え
新たに私の実際のトレード例→エントリー及び決済、
それぞれの根拠についても、詳しく解説しております。

※リニューアルしたレポートの内容です↓
0407v1.jpg 

なお、当レポートでご紹介している手法についてですが
※基本的に「順張り」の手法になります。
※テクニカルの組み合わせはもちろん
それぞれのテクニカルのパラメーターも、
すべて私自身のオリジナルになります。
※使用する時間足は主に、5分足及び30分足になります。  
※エントリーのルールだけでなく
利食いや損切りの目安についても、解説してあります。 

正直な話、私は以前は「テクニカル音痴」でした。
「テクニカル」と聞いただけで、頭が痛くなったものです。
そんな私でも、毎日実践し
毎日稼いでいる手法ですので、難しいわけがありません。
非常にシンプルな手法ですし、視覚的に分かりやすい手法だと思います。

最後に、念のため私の売買明細を貼っておきます。
ご覧の通り、この手法を用いて
毎日コツコツと利益を得ることができています↓
☆10/26(月)+11,040円。             
1026o123.jpg
☆10/27(火)+20,320円。
1027i123.jpg     
☆10/28(水)+19,920円。
1028u12345.jpg
☆10/29(木)+15,920円。 
000001.jpg
☆10/30(金)+22,720円。
aaa12.jpg
※先週のトータル利益=+89,920円

今回ご紹介する私の手法に関して
何か新しく気付いた点や、付け加えたい点などありましたら
このブログの中で、随時お伝えしてゆくつもりですので
今後ともよろしくお願いいたします。_(_^_)_ 

★今なら【当ブログ限定】で、上記のオリジナルレポートを
口座開設&1万通貨の取引のみで、無料プレゼント中!!! 
詳しくは、コチラから↓   
DMM FX   
       
ところで、【DMMFX】とは・・・   
★業界最高水準の低スプレッド (それぞれ原則固定)
     
1001r13.jpg      
米ドル円→0.3銭
豪ドル円→0.7
 
ユーロ円→0.6銭
スプレッドが非常に狭く、スキャルに最適です。

★FX口座数は国内第1位!!※ 
      
0000.jpg          
※2015年3月末時点。
ファイナンス・マグネイト社調べ(2015年3月口座数調査報告書)   

★他にも・・・  
※取引手数料は、もちろん無料 

※安心の完全信託保全

★今なら【当ブログ限定】で、上記のオリジナルレポートを
口座開設&1万通貨の取引のみで、無料プレゼント中!!! 

詳しくは、コチラから↓    

DMM FX   

「外為ジャパン」でも、上記のレポートを差し上げています。 
外為ジャパン
※条件は口座開設&入金&1万通貨の取引です。

「ライブスター証券」でも、上記のレポートを差し上げています。 
アイディーオー証券     
※条件は口座開設&入金&1万通貨の取引です。    

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
我が家の愛猫、ピーコお姉さんの今日の様子。
1106e1.jpg        
「・・・・・・・・・。」
カメラが
1106e2.jpg                             
「・・・・・・・・・。」
気になって
1106e3.jpg                    
「・・・・・・・・。」
眠れなくなってしまった
1106e4.jpg     
「・・・・・・・・。」
ピーコお姉さん(笑
          
更新の励みになります。
応援ポチ、よろしくお願いします↓
   

pochia.jpg

PageTop

★今夜22:30~は一大イベント、米雇用統計!★指標トレードで一瞬で大きく稼ぐための裏ワザとは!?★

皆さん、こんにちは♪ 

さて早速ですが、FXでは重要経済指標の発表により
時には相場が一瞬で大きく動くことは
すでにご存知の方も多いかと思います。

先月10/2(金)21:30~の米雇用統計発表時にも
事前予想を下回る結果を受けて
ドル円が120.18円から119.12円まで
一気に約100pips、急落しました。       
1002u12345678_20151003004943722.jpg                       
発表直後に、雇用統計の結果を知ることができていれば
事前予想よりも弱い→ドル円ショートでエントリーし
少なくとも20~30pipsは取れていたかと思います。
(今夜11/6(金)22時30分~米雇用統計の予定)
  
しかし一般的には、米雇用統計等の指標の結果といったものは
FX会社より発信される情報を待っていると
残念ながら、発表から1~2分経過してしまうことがほとんどです。
 
ほぼリアルタイムで経済指標の結果を知るためには
ロイターやブルームバーグ等の情報ベンダーと
直接契約する、という方法もありますが
その場合、非常に高額な利用料が発生するようです。

そこでおススメしたいのが
外為どっとコムの「経済指標フラッシュ」です。
0515z1.jpg 

外為どっとコムの「経済指標フラッシュ」では
限りなくリアルタイムに近いスピードで発表結果が速報されます。
これは、プロが見ている情報端末と
ほぼ同等のスピードになりますので、取引のタイミングを逃しません。
また発表画面は自動更新なので、手動で更新する必要もありません♪
0515z12.jpg 
※このように結果が表示されます↓
0904w123456789123.jpg  

更に、「経済指標フラッシュ」では
発表結果の数値が予想よりも高いか低いか
音声でお知らせするアラート機能を搭載しています。
そのため、「経済指標フラッシュ」を見ていなくても
耳だけで結果を確認することができます。
0515z123.jpg 
※音声は3種類あります↓
①発表結果の数値が事前予想値よりも高かった場合
②発表結果の数値が事前予想値と同じだった場合
③発表結果の数値が事前予想値よりも低かった場合

ここで、「経済指標フラッシュ」では
どれくらいの速さで発表結果が速報されるのか!?
過去の米雇用統計発表時
「経済指標フラッシュ」を確認してみたいと思います。

★2011年5月6日 21時30分~
発表後、1秒の時点で結果が速報されています。
1分足が描画される前に、数値が出ました。
0515v1.jpg 

★2011年8月5日 21時30分~
発表後、1秒の時点で結果が速報されています。
1分足が描画される前に、数値が出ました。
0515v123.jpg 

★2012年3月9日 22時30分~
発表後、1秒の時点で結果が速報されています。
1分足が描画される前に、数値が出ました。
0515v12.jpg 

以上、いずれも2~3秒後ではなく、 1秒後に結果が出ていました。
個人投資家が、これだけの速さで経済指標の結果を確認できるのは
今のところ上記の「経済指標フラッシュ」のみだと思います。

なお、「経済指標フラッシュ」で確認できる経済指標は
例えば、米国関連では以下のものになります。
0515z1234.jpg 

同じく、豪州関連の指標↓
0515z12345.jpg 

他にも日本、英国、ユーロ圏、ドイツ、フランス、スイス、ニュージーランド、
カナダ、香港、南アフリカの経済指標の速報値が確認できます。

上記の「経済指標フラッシュ」は
外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」口座をお持ちの方のみ
利用可能なサービスとなっています。
0208r123456.jpg   
今なら、新規で「外貨ネクストネオ」口座を開設された方であれば
「経済指標フラッシュ」を含む為替情報サイト「外為情報ナビ」
すべて無料利用できます(利用条件無し)♪   

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」について
詳しくはコチラから↓
外為どっとコム 

★ところで、外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」とは・・・ 

☆取引手数料は、もちろん無料。 
0515z1234567.jpg 

1,000通貨単位からの取引が可能。
0515z12345678.jpg  
現在、ドル円1,000通貨当たりの必要証拠金4,900円。
もちろん10,000通貨~の取引も可能です。

☆スプレッドは大幅縮小      
1205o12345678.jpg       
※ドル円0.3銭
※豪ドル円0.7銭
※ユーロ円0.6銭
※ポンド円1.1銭
※NZドル円1.6銭

☆スワップポイントは業界最大
1026o123456.jpg    
※上記の表は10/26現在のスワップ

☆短期売買に最適、素早い約定スピード
0515z1234567891.jpg  

☆外為どっとコムはFX預かり資産10年連続No.1です。 
1114b1.jpg     

☆もちろん、信託保全完備。
0515z123456789123.jpg  

iPadスマートフォンでも、取引可能です。
0208r12345678.jpg 

☆講師陣のセミナーも充実
0219e1234567897.jpg 

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」について
詳しくはコチラから↓
外為どっとコム  


更新の励みになります。
応援ポチ、よろしくお願いします
pochia.jpg    

PageTop